はやぶさ2

種子島宇宙センターから打ち上げられた小惑星探査機

「はやぶさ2」は無事打ち上げに成功して 正常に分離

させる事ができました

3年後に これまで誰も行ったことがない方法で小惑星

内部の石や砂の採取をして 地球まで持ち帰ってくる

そうです

それらを全て無人のロケットで行うそうで 私達の子供の頃 

空想の世界で行っていた宇宙旅行が形を変えて少しずつ

実現していくのです

科学の発達とともに現実のものになっていくのですが 

私たちと同じように子供の頃 宇宙はどんな風になっている

のか知りたいとか 宇宙旅行に行ってみたいという子供

ながらの夢を持ち続けている人が プロジェクトに関わって

いるようです

夢は「大きく 強く」持ち続ける事 小学校の先生がよく言って

いたことですが 今になってその重要性が理解できます

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから