高齢で得する楽器練習

楽器を続けた人は高齢になってから様々なメリットがあると

サイトに載っていました ↓

【年を取ってから得をする】楽器の練習を続けるべき3つの理由

1. 認知機能の衰えを補える

2. 聴覚の衰えを補える

高齢者を対象に神経心理検査を行ったら明らかに楽器を

演奏していた期間が長い人ほど高い得点だったそうです

また 練習・演奏経験10年以上の人の場合 楽器と疎遠に

なる期間が数十年あっても 上記のような利点がすべて失われる

わけではないとのこと

また それを裏付けるように 9歳以前に楽器を初めて10年以上

続けた場合 後期成人期に言語作動記憶が衰えないといった

利点があることが解っているそうです

また

3. 年を取ってから初めても効果あり

これが一番私にとっては良い記事でした

私は50歳一寸前からギターを始めたのですが 最近マンネリ化で

あまり練習していませんでした

でもボケないように 聴覚が衰えないように これからも続けて

いかなくては と元気付けられました

来月にはライブが3回あるので 練習します!!!

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
     

It’s spooky how clever some ppl are. Thaskn!

2014.11.22|09:24|Wuerius|http://www.facebook.com/profile.php?id=100003468383975

コメントはこちらから