クリーンな政治

宮沢洋一経済産業相は 今度は外国人が株式の過半数を持つ

広島県のパチンコ屋さんから 2007年と08年に計40万円の

寄付を受けていたことが発覚しました

また 大塚高司国土交通政務官の政治団体が2007~09年に

パチンコ店を経営していた外国人男性から計115万円の寄付を

受けていたことがわかったようです

外国人からの寄付は 政治資金規正法で禁じられているので

違反になると騒がれていたら 

今度は枝野氏の関係政治団体が 新年会の収入約244万円を

政治資金収支報告書に記載していなかったことが発覚しました

その他もどんどん出てくるようで 慣れっこになってしまいますが

政治資金規正法を作っても結局守られていない人が多数いることが

発覚してしまいました

少ない金額の事も多いので どうしても政治には資金が必要だから

守れなかった という事ばかりではなく適当でいいだろう という

気持ちが垣間見れます

議員は税金で生活しているわけだし 政治資金も税金ということを

全く意識していないのでしょう

国民が誰を選んでもそうなってしまうようなら 人間は所詮そんな

物だと考えるほうが正しいのかもしれませんが 枠組みや仕組みを

変えたら クリーンな政治になると信じたいですね

        名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから