著作権の問題

日本音楽著作権協会(JASRAC)が 管理する楽曲を

キャバクラ店がピアノで生演奏しているのは著作権侵害だと

して 演奏の差し止めなどを求めた訴訟の判決で 東京

地裁は キャバクラを経営する3社に生演奏の差し止めや

約1570万円の支払いなどを命じた

という記事がネットに掲載されていました

お店側は ピアノ演奏と収益は関係がない と主張しましたが

裁判長は演奏で雰囲気つくりをした店は利益を増やす狙い

だったから 著作権を侵害している という事らしいです

本当に驚きの判決で 音楽とのかかわりが根本的に変わり

そうです

レストランやバーなどの店でBGMとしてピアノ演奏をして

いる所はいくらでもあるわけで そこで新しい曲を弾いたら

すべて著作権違反ということなのでしょうか

アマチュアバンドがライブハウスで有名バンドのコピー曲を

演奏する時 入場料を取っていますがそれも引っかかるの

でしょうか

恐ろしい話ですね

ちなみに私の所属するバンドは2つとも古い曲のコピーなので

全く問題ないようですが 

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
     

Finding this post has anewsred my prayers

2014.11.21|06:29|Kassidy|http://www.facebook.com/profile.php?id=100003468360018

     

Impressive brain power at work! Great answer!

2015.01.10|00:15|cheap insurance|http://cheapinsurance.rocks

コメントはこちらから