小保方氏って・・・

理化学研究所の小保方晴子氏らがインターネット上に

公開したSTAP細胞のものとされる遺伝子データを調べた

ところ 染色体に異常があることが11日分かったそうです

この異常があるマウスは通常 胎児の段階で死んでしまい

生まれてこないため STAP細胞を生後1週間のマウス

から作ったとする小保方氏の主張と矛盾します

となると やはり小保方氏は正確な実験データに基づいて

の論文ではなかったという事になり STAP細胞はあります

との言葉は嘘だった ということになります

理研を含む裏の力が利権を巡っての圧力で小保方氏の

が世紀の大発見が潰された・・・という理論が成り立た

なくなってしまいます

こうなると 何が正しいか分からなくなってしまいました・・・

小保方氏って本当はどんな人なんでしょうね

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから