パソコン遠隔操作事件

パソコン遠隔操作事件で公判中の元会社員片山祐輔被告は

犯人でないとするメールが フジテレビをはじめ 複数の報道

機関に真犯人と名乗る人から公判中にメールが届いたのですが

どうも片山被告の自作自演で スマホのタイマー操作でメールを

送ったようです

それだけでは見つからなかったのですが 結局スマホを河川敷に

埋めたところを見られたところから足がついたということです

片山被告の弁護人・佐藤博史弁護士は 「裁判が不利に展開

しているなら別ですけれど 弁護団がしっかり頑張って 無罪

判決になりそうだったのでこんなメールを書く動機っていうのは

絶対にない」と主張しているそうで もしこれが本当に片山被告が

やったのなら とんでもない墓穴を掘ってしまった事になります

パソコンやスマホの機器類に対しては精通していて大変

賢いのですが 証拠隠滅のためにスマホを埋めるという物理的な

事はかなりいい加減だという事のようです

私も先日スマホが調子悪くて変えたのですが 新しい機能の

10分の1も使っていないようです

DSC02125

私の頭はこのような機械を使いこなすよう事には向いていない

ようです

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから