「藤原の効果」

またまた台風が来てます

上棟をむかえる現場があり そのあたりの日程を決める

ことが大変難しくなっていて 現場のイノウェ~ッチは

頭を悩ませています

27号と28号が来ていて 二つの台風が近づくと変わった

動きをするようになるとのことで それを「藤原の効果」と

言います

気象庁によると 「藤原の効果」とは戦前 当時の中央

気象台長だった藤原咲平氏が提唱した効果で 

「2つ以上の台風が接近して存在する場合に 台風が

それらの中間のある点のまわりで相対的に低気圧性の

回転運動をすること」 という事らしいです

要するに2つ以上の台風が接近していると どのように

進むのかはよくわからない です

初めて大発見や大発明をした事にはその人の名前を

付けるというのは 体操で初めての技を行った人の

名前をそれに付ける事と同じです

でも 台風の進路がどのようになるのか分からない 

という大発見は 私たちを悩ませるばかりで 参考には

ならず これが素晴しい発見だと言われると ?と 

疑問符をつけたくなります

今回の台風はどう進むのかはわかりません と

言われても???ですよね
 

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから