丸太の思い出

建替え工事をするお客様から 壊す予定の建物の梁に

丸太が使ってあるから 新しい家にそれを使うことが

出来ないか?という相談がありました 

早速 解体前にそれを見に行くと 確かに立派な丸太が

使ってある小屋組でした

49

このような風景を見ているとはるか昔 大工だった親父が

自宅の庭で丸太に墨をつけて ほぞ穴を刻んでいたことを

思い出します

49

皮がついたままの丸太を庭に何本も運び込まれていました

私は小学生低学年の頃から 時間がある時 丸太の皮剝きを

手伝っていました

皮を剝くのは結構上手になりましたが 裏側を剝くために

丸太を転がす時 足が挟まりそうで恐かった思い出が

あります

結局 諸事情でこの丸太は使わないことになりましたが

最近は新築工事でどこも 丸太の梁を使わないことが

多くなったので 少し寂しい気がします

コストがかかることが大きいからですが・・・

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから