シャープの復活

平成建設では太陽光発電を販売しておりますが シャープの

商品を勧めています

そのシャープが第一四半期(4月~6月)の決算で30億円の

利益を確保し 昨年同期の941億円の赤字から 何とか復活しました

太陽電気事業が伸びてきたことや 液晶事業が復活してきたこと

などがその要因のようです

今後はLIXILやマキタなどと資本提携をする噂もあり 復活という

言葉が当てはまるようです

これはひとえに6月に就任した高橋興三社長の力だと言われていて

トップの力の凄さを見せつけています

JALを短期間で再建した稲盛氏もそうですが 大手企業でもトップの

能力で会社の行く末が決まるということです

私たちのような中小企業はトップの気持ちの切り替えで会社はガラッと

変わってしまうのでしょう

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから