営業と言う仕事

他社で作ったものを売る代理店という仕事があります

商品の良し悪しはメーカーによって決まっていて その

代理店が替えられるわけではありません

保険などの商品は価格も決められていて 値引きしたり

するわけにはいかないので もし同じメーカーの同じ商品を

売る競争をしていたら 営業マンの資質のみで売れるか

どうか決まるわけです

だから 素晴しい営業マンになるためにはさまざまなスキルを

あげなければならないし 大変厳しい仕事だと思います

生命保険などは必要な時はかなり先になることが多いく

購入者も購入時の事を明確に覚えていないことが多いので

売りたいがために つい購入者に有利なことを話してしまう

ということがあります

売りたいという気持ちは重々わかりますが 間違った情報を

伝えて売ることだけはしてはいけないです

それでも 営業マンの皆さん ぎりぎりの線で営業されて

上手く売る方が素晴しい営業マン ということになるのですね

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから