喫煙室のPM2.5

東京のオフィスの喫煙室で「PM2.5」の濃度を測定したら

北京の倍だった という記事が出ていました

約7分間の測定中 PM2・5濃度の最高値は1立方メートル

当たり1550マイクログラム 最低値は同625マイクログラムで

北京の最悪の日は同700~800マイクログラムです

この喫煙室のドアの外にはドリンクの自動販売機があり

そこでも50マイクログラムを超える値も出ていたそうです

もちろん1日中のその場所にいる人はいませんが 

たばこの煙の中には70種類近い発がん性物質が含まれて

それを吸い込むことは短時間でも体に悪影響を与えることは

さまざまな研究で示されています

喫煙室でタバコを吸い続けている人が 北京のPM2.5の

大気汚染を批判していることは とても滑稽です

それでも禁煙しないのは本人の自覚の問題なのでしかたが

ないですが 喫煙の習慣がない私達が喫煙室の隣あたりで 

洩れた煙で受動喫煙することだけは避けたいです

14年前までヘビースモーカーだった私が言うと 真実味がある

ようですね

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから