予測不能の大地震

唯一 数日から数時間以内の発生の予測ができるという

前提で研究されてきた南海トラフで起きる巨大地震 

東海地震の予測は困難という報告書が調査部会から

出されたそうです

東海大地震は想定震源域が陸寄りのため 地震の前に

起きるとされる地殻変動を捕らえやすいとして気象庁が

24時間体制で観測しているのですが 山岡教授は

「地殻変動が観測される保証はないし 観測されても

地震が起きるかどうか分からない」と発表して

同トラフで発生する地震には多様性があり どの領域で

発生するかについての予知も困難とし

「東海地震の発生が切迫している」という説にも疑問を

投げかけたようです

予測できるという前提で たくさんの予算を使って研究されて

きたのですが この結論だということは 自然を人的な力で

把握することは困難だということの表れです

結局 巨大地震が起きる可能性が大きい という話だけが

残ってしまったので 私たちはいつ起きてもあわてないように

準備をしていくことしかない というのが結論です

こればかりはどうしようもない事なのですが 新しい住まいを

つくって幸せに暮らしてほしい と考えている私達住宅会社に

とっては いつ巨大地震がきてもあわてないように備えてください

としかアドバイスできないのですね  

NPO耐震住宅普及協会に所属している平成建設としても

残念な結果だと思います

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから