乙武さんの騒ぎ

乙武洋匡さんが車いすのため入店拒否されたとイタリア

料理店の店名を公開してツイッターに書き込んだ件で

バリアフリーというものについての意見が飛び交っています

乙武さんは いつもきちんとした意見を明確にするので

素晴しい方だと感じていましたが 今回のことは???です

予約時に車椅子だということを言わずに 現地で車椅子ごと

二階まで運んでもらうことを断られると「下まで降りてきて

体を抱えて二階に連れて行ってほしい」ということも冷たく

断られたので怒った ということが真相のようです

私が20代の頃勤めていた会社の社長が両足が不自由で

普段いつも車椅子生活でした

建設会社だったので社内や自宅はバリアフリーに改造して

いたのですが たまに出かけるレストランや旅行の時は

大変でした

エレベーターがない2階のレストランにも何度も行った

ことがありますが 階段が広いと車椅子ごと2人か3人で

運び 狭い階段の場合は誰か一人が抱きかかえて

車椅子は他の人間が運んでいました

どちらのパターンでも コツを知っている私たちでさえ 

かなり慎重にならないと大変危険でした

それを レストランのスタッフに頼むと トラブルがあった時

大変なことになりかねません

大怪我をする可能性も かなり高いと思います

乙武さんのような方の周りには そういうことに慣れた

スタッフが多いと思うので 抱きかかえて階段を運ぶことも

誰もができることだと勘違いしてしまっている気がします

障害を持った方とのお付き合いは難しいことも多いですが

同情するのではなく お互い自然に気を使えるように

なることが良いのですけどね

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから