相手の気持ち

日本維新の会の橋下代表がまたまた暴走しています

従軍慰安婦問題について「必要だった」と発言したことに

対して日本からもアメリカからも抗議と非難が殺到して

います

当初はそういう人たちについて「キチンと話し合う」と

言っていましたが アメリカ人に対しては結局

「あまりにも国際感覚が足りなかった。反省すべき

ところがある」

「米国の風俗文化の認識が足りなかった。

表現不足だった」

と 釈明にまわってしまいました

橋下氏の発言の内容は 歴史認識はきちんとしているし

正当な意見だと感じます

正しいとフォローしているコメンテーターもたくさんいますが

まず 女性は必ず反対に回る人がたくさんいるだろうし

アメリカ人からは反感を買うことは明白だし 反橋下氏派と

しては格好の反撃チャンスになる事は 誰でも事前に

分かっていたと思います

当然橋下氏本人も解っていなければなかったと思いますが

後で釈明に回るということになると 他の釈明議員と

同じになってしまいました

常に相手の気持ちを考えて発言をするということは

私たちの ビジネスでも いつも心がけていることだし

橋下氏はそれが最高に上手い政治家だと感じていたのですが

なぜか失敗することがあるものなのですね

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから