スマートラン

4月14日に参加した「掛川新茶マラソン」の画像が届きました

30キロ地点で足が吊って歩いたり 止まったり ボロボロに

なったレースです

まだこのあたりを走っていたときは 元気で調子が良かった

ようです

掛川-7

足が吊ってしまって ストレッチをしてスポンジで足を冷やして

必死な頃です

掛川-2

かなり歩いた後 また復活して最後の力を振り絞っている

あたりです

掛川-3

何とかゴール ほっとした瞬間です

掛川-4-2

このようにあとで自分の姿を見ると 苦しさが思い出されますが

苦しんでいる表情は決して格好良くなく 情けないです

やはりマラソンは「ニコニコいきいき」な表情で走ったほうが

見ていても気持ちが良いと思います

これからは先輩に教えてもらった「スマートラン」で走ろうと

思います
       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから