未来の子供たちのために

「低燃費住宅」に関するセミナーを聴きに行きました

45

私達が今日本のため 地球のためにやれること

という壮大なテーマになっていました

35

ドイツは第二次大戦で敗戦国になり 1970年代にオイル

ショックを経験したり 日本と同じような経験をしてきています

1986年チェルノブイリ原発事故の経験で

「未来の子供たちのために、原発なんてなくても暮らせる

社会を作る必要がある

エネルギーを使わなくても快適に暮らせる社会を作ろう」

という考え方を持ち 建物 住宅の高気密工断熱化を

進めていきました

そして現在日本の最高の高気密工断熱の家が ドイツの

最低の家のレベルになっています

さまざまなことを考えさせられるお話でした

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから