オヤジ・エイジ・ロックンロール

「オヤジ・エイジ・ロックンロール」熊谷達也著 を読みました

オヤジエイジロックンロール
学生時代にロックバンドを組んでいた主人公がその後全く

音楽とは縁がなかったのに 50前になってちょっとした

きっかけから 高価なギターを購入し さまざまな周辺機器を

大人買いしてオヤジバンドをはじめる という話です

ストーリーは小説の王道で 何となく予想できるのですが 

70年代のロックの話から ギター談義やプロになりたい

心境や 仕事と趣味のかかわりなど 中年の男の揺れ動く

心理が とても面白いです

私たちの若い頃のブリティッシュロックの定番 ディープ

パープルやレッドツェッペリンなどがたくさん出てきます

同世代の人たちで この主人公のように 若い頃音楽をやって

いて また音楽をやってみたいと考えていても さまざまな

理由で実行できない人はたくさんいるのだろうと思います

私は若い頃音楽はやっていなかったですが 今少しでも

オヤジバンドをすることが出来る事はしあわせだな と

しみじみ感じます

いつまで出来るのかわからないですが・・・

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから