トンネル工事の調査結果

中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故で

アンカーボルトの緩みが1004箇所 欠落が5箇所

点検時に抜ける脱落が3箇所 コンクリートの

ひび割れが125箇所あったと発表されました

私たち建築業者も改修工事では後打アンカーを

よく使うので理解できますが 施工時の方法や

コンクリートの打設方法によっても アンカーボルトの

強度は全く異なることは 当然だと感じています

トンネルや橋梁などの土木工事は事故の被害が膨大

なことは明白なので 予算がしっかり付けられていて

当然きちんとした施工の管理や メンテナンス管理が

されていると感じていましたが 今回のように大きな事故が

起こると 検査しなさい と指導があって これほどまでに

補修が必要な箇所があるとすると 結局事故が起こらないと

どこがメンテナンスが必要かという予想が出来ない と

いうことになります

このような専門的な分野は 一般の方が感じているほど

しっかりと管理されているわけではない ということなのでしょう

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから