低炭素建築物

低炭素建築物認定についてのセミナーに顔を出しました

DSC07069
国交省が今後 住宅系の建物を低炭素建築物にして

以降という方針があり そのための内容を整備したものです

全国で順番にこのセミナーを行っていくのですが まだ3回目

ということなので かなり大勢の方たちが受けに来ていました

DSC07068
結構難解な内容だと感じたので 眠くならないように 一番

前の真ん中の特等席を取りました

それでも眠くなるくらい難解な内容でした

戸建て住宅に関しては 低炭素住宅の認定を受けると容積率の

緩和があったり 税制の優遇がある というものなのですが

まだ細かい所まですべて決まったわけではないところもあって

途中経過 という感覚でした

かなり 細部まで規定しようとしていてコストも上がりそうだし

本当にこれが主流になるのか?と感じましたが まだすぐにと

いうわけではなくても 様々な優遇制度を用いて流行らせようと

いう方針だと思います

今後注目していきたいと思いました

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから