ドラマのような政治

日本維新の会が旗揚げされ いよいよこれから日本が

変わるか変わらないかは未知ですが 確かに大きな

変革の時が近づいている気がします

小さい頃 頭が良い子に対して 末は博士か大臣か と

言っていたように 総理大臣や 大臣は いつの時代も

政治家の最終目標になっているようです

どうしても総理大臣になりたい人は たくさんいて

周りの人に応援してもらおうと一生懸命根回しを

するのですが いざ その地位につくと さまざまな

横槍や妨害にあって上手くできない人がほとんどです

それでも その地位にぎりぎりの所まで しがみ

ついてしまいます

中には病気だとかの理由で重要な時期に途中で

止めてしまっても またやりたい という人もいます

負けた方も 自分たちの力が無かったことを反省

するわけでなく 自分たちがその地位に着いたほうが

どれだけ良いかをアピールして その地位から

落とそうと あらゆる手段をつかって妨害します

この人は力がありそうで正攻法ではだめだと感じると

スキャンダルを探して 過去の私生活を暴きだします

橋下市長も暴かれたと思ったら 東国原氏も

知事時代に知事室でスキャンダルがあったと報じられて

います

冷静に見てみると本当にレベルの低い まるで小学生の

陰険な権力争いのようなことばかりしている気がします

第三者の目で傍観すると まるで 面白いドラマを見ている

ようで笑えてきます

構造を根本的に変えないと 誰がやってもあまり大きくは

変わらないと思います

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから