コピー機の謎

昨日 事務所のコピー機を新しいものと取り替えました

DSC06423
平成建設では5年リースで続けているので ちょうど

前のコピー機を入れて5年たったわけです

今回メーカーも替えてみたのですが 確かにかなり使い

易くなっている気がします

トナーがなくなるとネット回線を使って自動的に連絡が

入り 新しいものが届く というシステムらしいです

慣れるまで わからない事や 操作間違いとかが

ありそうですがいつも使うものなので 何となく気持ちが

一新されて良い感じがします

それにしても コピー機のお金のシステムというのは

本当に分かり難いです

本体のリース料金も 料率というよく分からない数式が

あるし カウンター料金というのも トナー料金と

メンテナンス料が含まれているということが 不思議です

その他 紙代が無料だったり最初の2万枚まで

カウンター料金が無料だったりします

カウンター料金というのがかなりの利益が載せられて

いて メーカーと販売店とで分けるということだと思う

のですがつじつまが合わないこともあります

その他 5年リースなのに2年半ほどたつと 残りの

リース料金は うちで処理します これから毎月の経費が

安くなります と不可解なことを言われます

残リースを払ってくれるわけないのに 払います と

言われる方もいます

結局 利益がどこに載せてあるのか分からないように

していることだと思いますが だまされている感じが

するので やはりおかしいと思います

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから