24時間テレビ

今年の24時間テレビ 出かけていたので チラッとだけ

見ましたが チャリティの募金活動というよりも 感動の

押し売りという感じでした

特に24時間リレーマラソンではちょうどぎりぎりの

時間にゴールするように調整されていて 汗で

ぐちゃぐちゃの顔をした奥様が 家族みんなと

抱き合っていました

マラソンのメイキング映像やゴール後の映像も

何度も使われていましたが どんな人でも練習して

50キロ~100キロを走れば 感動するような顔に

なることは事実でしょう

同じテーマで毎年番組を作っていると昨年と比べ

られるので どうしてもエスカレートしていくしかなくて

感動の押し売りになっていってしまう ということ

なのですね

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから