練習は嘘をつかない

昨日 高橋尚子杯の岐阜清流マラソンに出場しました

オリンピック出場が決まった藤原選手や出場できなくなった

川内選手も出場していて すれ違い時に彼らの走り方を見ることが

出来たし 尚子さんとハイタッチをすることも出来ました

清流マラソン-1

これは前日 仲間と前祝をしているところです

海鮮料理が大変美味しくて ついたくさん飲んでしまいました

清流マラソン-2

スタート直前 このメンバーで走ります

10キロぐらいまでは 大変調子がよく タイムは54分ぐらい

だったので このペースなら2時間切れるかもしれない と

あまり練習出来なかった割には楽しんでいました

16キロ過ぎに左足が吊り 止まってマッサージして直しました

良かった と思ったのもつかの間 今度は右足が吊り その後左足

また右足 と吊ってしまったので 断念して救急隊の方たちを呼んで

助けてもらいました

スプレーとマッサージで 何とか持ち直して 18キロ地点だった

ので あと3キロ何とか頑張ろう と走りだしたら お腹が痛くなって

どんどん苦しくなりました

スタート直前にトイレに行ったのに・・・と考えていたら どうにも

我慢できなくなり 20キロ手前から歩いて トイレを探しました

何故かこのあたりトイレが全くなく 旅館のトイレを借りるか

と考えながら歩いていたら 競技場に入るすぐ手前にサークルKが

あったので迷わず駆け込み 事なきを得ました

でもタイムは 当然ぼろぼろ 2時間12分ほどでした

清流マラソン-3

終わってからの宴会ですが 私は大変疲れて朦朧としていました

私のほかにもゴール直前に倒れて救急隊に助けてもらった

先輩がいました 奥様がその姿をしっかり写真に撮っていました

清流マラソン-4

気持ちがハイになっている人もいました

清流マラソン-5

やはり あまり練習していないのに 当日の勢いで走りきれるだろう

というのは間違っていました

きちんと練習した人が良いタイムで走ることが出来るということが

よ~く解りました

一緒に練習しているアコさんはマラソン始めて3年目なのに

一般女子で18位でした 凄い・・・

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから