家の造り方

昨日 住宅業界の新しい制度や方針についての勉強会に参加して

いました

300人を超える 大変大勢の方が集まっていました

阪神淡路大震災に姉歯事件から少子化 東北大震災 CO2

削減など 住宅の制度が変わる原因は様々なところにありますが

本当に解りにくく また 住宅の景気を一時的にでも回復させ

ようと エコポイントや補助金を出す事も複雑になっています

昨日は一人や二人で工務店を営んでいる大工さんも聞きに来て

いましたが こんなに難しいと俺たちが家を造れなくなって

しまう・・・と嘆いている方たちが何人もいました

昔は「家は大工さんに建ててもらう」という時代が長く続き

ました

大きさも 間取りも 価格も インテリアも 耐震の構造も

すべて 大工さんの腕にお任せする という時代でした

確かに大工として素晴らしい腕を持っている人は 今でも

たくさんいますが 彼らだけでは造る事ができません

常に新しい情報を取り込み 各専門職の人が協力し合って

家というものを造り上げていく時代なのでしょう

それでも 家にとっては長年培われた経験が大変重要です

本で勉強しただけでは出来ないところがたくさんあります

新しい知識を勉強しながら 長年の伝統や経験を大事にして

取り組んでいきたいと思っています

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから