ラーメン屋の看板娘

ラーメン屋の看板娘

ラーメン屋の看板娘が経営コンサルタントと手を組んだら

木村康宏著という本を貸していただいて読みました

かつては美味しかったので流行っていて 今ではすっかり

閑古鳥が鳴いているラーメン屋の話です

頑固一徹の店主のひとり娘 春香が 経営コンサルタントに

ラーメン屋の再建をお願いして立て直していくのですが

ラーメンの繁盛店が凋落した原因を解明したり 解決策を

見つけるプロセスや行った施策が成功するか など

会社経営の原則が 小さなラーメン屋でも使う事ができると

いうことがわかりやすく描かれていました

立て直しが成功したときは 何故か涙が溢れてしまって

涙もろくなった自分に驚いてしまいました

この本を書いた方も経営コンサルタントなので 表紙の

漫画チックな燃えキャラの女の子でまず読者をひきつける

ということも 感心させられました

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから