大阪マラソン あれこれ

大阪マラソンに出場した事は大変有意義だったのですが その中

でも感じた事がいろいろあったので書いてみます

まず前日の申し込みのため当然宿泊しなければいけないので

大阪マラソンの宿泊のためのHPでホテルをとりました

朝食込みプランというのがあったのでそれにしたのですが

前日マラソンの申し込みに行くと 集合時間は遅くても7時半

に行かないと間に合わないことがわかりました

ホテルの食事時間は7時からということなのでもっと早くするか

おにぎりなど何か用意してくださいとお願いしてもNG

できません の一言でした

では朝食キャンセルします とお願いしても 直接申し込まれた

わけではないので出来ません との内容でした

どう考えてもおかしいのですが 翌日の事を考えてあきらめる

ことにしました

さてマラソン当日3万人が集まる朝 荷物を預けるところが

ゼッケンによって何箇所も設けれられていました

出発地点とゴール地点が違うので荷物を運んでもらうことに

なっていたわけです

荷物預かり所を探してたどり着き お願いしたら 私の荷物は

大きくて所定の袋に入らないので受け付けられない 総合案内に

行ってくださいと言われました

総合案内は混雑の中10分ほど戻らなくてはいけなくて

時間との戦いで 必死に走っていったら そこは宅配便の受付で

850円かかるとの事でした

スタート時間は刻一刻迫っているので そこに預けました

ゴール後その荷物を受け取る時には 場所がかなり遠くて

判らず 係りの人に聞いても判りませんという答えでした

完走後汗でぐっちょりの疲れた体で雨の中1時間ほど探して

やっとたどり着く事が出来ましたが 更衣室がなくて 一般の

お客様がたくさん混雑している中で着替えました

そのほかにもレース中のトイレが物凄い長蛇の列だったり

帰る時の駅がまた長蛇の列だったり 様々な気になる

点がありました

やはり大阪で初めてのマラソンなので関係者も慣れていない

ことが多くオペレーションは最悪だと感じましたが

完走すると 「まあいっか」とあまり気にならなかった

というのが本音です

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

コメント
コメントはこちらから