獄中の人間学

「獄中の人間学」を読みました

第二次大戦の戦犯として18年間も シベリアと中国で

抑留生活を体験されたお二人の対談のお話です

獄中の人間学

獄中という極限下での人間の生き様を 冷静な目で観察

されています

例えば 看守に何かとゴマをすってばかりいる者がいたり

家族に会いたい思いが募って そのことばかりを考えている者

その一事に意識が支配されてしまって他のことに反応しなく

なる

人間の脳みそは外部的な刺激に反応しなくなったらおしまいだ

と痛感したといいます

いつ銃殺されるとも知れない極限状態の毎日を 平常心で

生き延びたお二人が そんな中で観察した人間の中から

人の上に立つリーダーに適している資質を提言しています

面白く読む事が出来ました

       名古屋で自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから