頭が悪い政治家たち

松本龍復興担当大臣の発言は物凄い騒ぎでした

「(村井知事が)先にいるのが筋だよな」や「(水産特区)は

県でコンセンサス得ろよ そうしないと我々何もしないぞ 

ちゃんとやれ」 

「いまあとから入ってきたけど お客さんが来るときは

自分が入ってきてからお客さんを呼べ いいか? 長幼の

序がわかっている自衛隊ならやるぞ わかった? 

しっかりやれよ 今の最後の言葉はオフレコです 

いいですか? 皆さん。絶対書いたらその社は終わりだから」

という発言でした

結局大臣を止めることになってしまいましたが

巷ではこんなに威張っている人は問題外だ という声が

凄かったです

この松本龍という人 行ってみれば 正直な人だという気が

しますが 頭は良くないようです

このような考えが 根底にある議員さんは結構いると 聞いて

いますが それでも それらの方たちは こんな場所で

こんな事を喋ったら絶対にまずい事が わかっているから

言わないのです

日常でいつも この調子で威張っているので つい出てしまった

のでしょうが まずいっと感じて オフレコなんて言って

しまったのが 余計墓穴を掘ってしまいました

しかし なぜこんなに頭の悪い人が代議士になって

大臣に任命されるのでしょうかね・・・

政治家にとって 考えを喋って人に伝える事は かなり重要な

仕事になるのですが 自分の話が どのように受け取られるか

わからないわけないと思うのですが・・・

         自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから