リーマンショックとは

リーマン・ショック・コンフィデンシャル 上下巻を

読みました

リーマン

リーマンブラザーズが破綻した時のアメリカの経済界の事を

克明に書かれた本ですが 非常に分厚くてカタカナの名前の

人物ばかりがたくさん出てくるので大変苦労しました

読んでいくと 金融エリートが危機に陥りどのように考えて

行動したかが 克明に書かれていました

最後はモルガンスタンレーが破綻しそうになって 三菱

東京UFJファイナンシャルグループが資金を投入して

救済するということも出てきて 現実に戻されるます

読めば読むほど マネーゲームそのものです

これが資本主義の現実なのかと思うと 私たち物作りをしている

人間はちょっと空しくなってしまいます

仕事というのは人に喜んでいただいて 幸せになってもらう

それが社会に貢献することになる と理解していますが

それとは違う世界の 一種ゲーム的なもので 上手くいかなく

なった結果が世界の経済に影響を及ぼした

これが現実なので 受け止めなければいけない事なのです

         自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから