高層マンションは危険?

建築関係の雑誌に載っていた興味深い記事を見つけました

まず 高層階に住むほど流産率 異常分娩率が上がることです

流産率は1、2階で8.9% 3~5階で9.2%

6~9階で17.8% 10階以上で21.4%だそうです

また50代の女性が高血圧に悩まされる率は 1,2階で

7.4% 3~4階で16.7% 5階以上で20.4%

母親の神経症的傾向というのがあって 心臓脈関係 疲労度

不安 不適応 抑うつ 過敏 怒りなどの症状のことですが

戸建て住宅4.6% 鉄筋・鉄骨住宅7.5%

また4階以下では6.6% 5階以上10.9%だそうです

また高層階ほど アレルギー性症疾患割合が増加するという

データもあります

このような話を聞くと 現在高層マンションに住んでいる

方たちはどうなる?と不安になってしまいますが

イギリスでは1967年に6階以上の公営住宅の建築制限を

決めました 当時イギリスの高層住宅は公営住宅が

中心だったので実質高層住宅の禁止を意味しています

イギリスでは これが今も続いています

反面 日本では83年に住宅目的の建築物への大幅な容積率の

割増を認める市街地住宅総合設計制度を創設しました

これらを信じると 人が住むには高層マンションより戸建て

住宅の方が良いようです

高層マンションの最上階はセレブにとって憧れの的で

億を上回る価格で販売されているところが多いのですが

とんだ落とし穴があるようです

※このデータは東海大学医学部で公衆衛生学の研究をする

逢坂文夫講師の研究データです

         自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから