たまには政治のこと

現在の国会で 震災発生翌日に福島第1原発1号機で冷却の

ための海水注入が一時中断したと東電が発表した問題で

首相が中止の命令をしたから大事になった いや私は 聞いて

いないのでしていない挙句の果ては 海水注入は停止して

いなかった という話が出ました

官邸に派遣された社員が「首相の了解が得られていない」と

東電本社や福島第1原発に連絡して協議の結果 いったん

注入停止を決めたが 実際には吉田所長が「注水継続が

何よりも重要」と判断し停止しなかった

という発表がありました

誰かが嘘をついていることになるのですが 今そんなことを

真剣に討論して責任問題を餌に 政権をとることだけに

必死になっているのを聞いていると情けなくなってきます

原発問題が収まってからじっくりやるべき問題だと思います

それにしても吉田所長という人 注水停止という命令が

あっても命令を無視して 自分の判断を信じて行動した・・・

結果オーライなのですが 組織人としてはまずいと思います

         自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから