疲れたけど楽しかった時間

昼食に 時間が無かったので 一人で「吉野家」に行きました

カウンターに座りましたが お店はかなり込んでいて 4人の

店員さんで忙しそうに動いていました

私の隣に物凄くいかつい顔の まるでその筋の人の下っ端っぽい

男が一人 黙って座ってきました

吉野家のカウンターは隣の席との間が近いので 気の弱い私は

肘や足が当たって海老蔵状態にならない様に 隣に細心の注意を

していました

しばらくするとその男は ドスの聞いた大きな低音で

「コラッお茶も水も持ってこんで お前ら何やっとるんだ!!!」

と発言しました

ガヤガヤしていた店内が水を打ったようにシーンと静まりました

30過ぎの女性の店員さんは 落ち着いていて

「これ」と言って 置いてあったお茶の湯飲みを少し前に出しました

彼は出してもらっていた湯飲みが目に入らなかったようです

この場合 彼はどう出るか

「言い訳するな」か「なめとんのか」か「悪かった」か あたりだと

考えていたら なんと「水を・・・ください」とドスの効いた

声のままで丁寧な言葉を発しました

少し離れたテーブル席の男が「ぷっ」と噴出してしまいました

まずい ひと騒動起きるか と身構えましたが 彼はぐっと我慢

したようで 男のいる方向に 睨みを効かしただけで終わりました

私は 彼の隣の席に座っているので 牛丼を食べ終わるまで

「ぷっ」と噴出さないように 一生懸命耐えていました

疲れたけど楽しかった瞬間でした

         自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

バナー↑あなたのワンクリックお願いします

こっちもね→社長のひとりごと

コメント
コメントはこちらから