半田の料亭

豊心会で半田の望洲楼という店に行きました

この店は160年の歴史がある由緒ある料亭だそうです

望洲楼-3

入り口はお寺を思わせるような歴史を感じるたたずまい

望洲楼-1

中に入ると階段の段板一枚一枚が無垢板で造ってありましたが

流行り昔の建物は水平が崩れている事が多く いびつな様子が

画像からも分かると思います

どこの建物でもそうですが基礎が沈下したりすることも原因で

しょうが 昔の大工さんは水平にあまり気を使っていなかった

のかもしれません

望洲楼-4

食事をするところもかなり歴史を感じるところでした

望洲楼-5

欄間を見ると月の満ち欠けを型取った切抜きが造ってありました

トイレなども かなり昔の面影をそのまま残してありましたが

食器類にサッカーボールを型取ったものなど 新しいものも

色々なところで取り入れていて 「不易流行」を感じました

望洲楼-2

今月は「由香嬢」です

自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

バナー↑あなたのワンクリックお願いします

コメント
コメントはこちらから