バブル期の人たち

同和と銀行

「同和と銀行」という本を読みました

バブル前からつい最近までの 同和問題を食い物にする部落解放

同盟と暴力団 そして それと癒着した銀行とのやり取りが暴露

されている本です

ノンフィクションで実名の人物が多数登場してています

まさに戦慄の内容というか 良くここまで踏み込んで取材が

出来たと感心してしまいます

バブル期に「地上げ屋」という言葉をよく聞きましたが 当時

私はちょうど建設会社に勤務していましたが 官庁の仕事は

関わっていなくて 民間ばかりだったので このような事には

無縁の世界でした

一声で何億という金が動き その周りに群がるヤクザや銀行員

口利きをする人間・・・結末は悲惨ですが まさに映画を見て

いるような ストーリー展開になっています

「お金」と「権力」に群がる人 特に銀行というものの 本質に

ついて考えさせられる本でした

         自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

バナー←あなたのワンクリックお願いします

コメント
コメントはこちらから