金沢ミニ観光

金沢の町では 21世紀美術館を訪れました

21-0

地上1階 地下1階建て 丸い美術館として有名で直径112.5m

総ガラス張りで正面といえる面がなく 逆に言うと どこも正面の

ような不思議な外観です

設計者の妹島和世(せじま・かずよ)と西沢立衛(にしざわ・

りゅうえ)のSANAAは この建物などで ヴェネツィア・ビエン

ナーレ第9回国際建築展の最高賞である金獅子賞を受賞されたり

グッドデザイン金賞や日本建築学会賞作品賞も受賞した かなり

有名な建物です

ただせっかくの外観なのに外部の一部をプラスチックの間仕切り

板で仕切ってあるところがあったので外観に水を差していて

ちょっとがっかりです

21-1

内部は余計なものが無く シンプルな表情のところが多く

さすがになるほど と感じられるところが多かったです

21-2

通路もこんな感じで 異次元の空間のようでした

21-5

ガラスで囲われた通路があり 入り口は 何もないところに開口

だけがあるような 面白いデザインでした

21-6

これが有名なタイルの部屋で 椅子に座っていると四角い空が

見えるところです

残念な事に雨が降っていたので空を見ながらボーっとする事が

できませんでした

21-3

これはガラスの箱のエレベーターで油圧の力で上下するので

21-4

箱の上には何も無い 大変面白いものでした

兼六園-0

大急ぎで隣の兼六園にも足を伸ばしました

兼六園-1

兼六園に来たのは30年ぶりぐらいだと思いますが

兼六園-3

特に日頃時間に追われてあくせく行動している私にとっては

このような時間の流れを感じさせないような ゆったりと

した空間を味わう事は 重要だと思いました

兼六園-4

しかし園内を見回すと観光客の7割は中国人で その他韓国人

や東南アジア系の人が多くいました

ここでも中国のパワーを見せつけられました

短時間でしたが 何でも自分の目で見て感じる事は重要ですよね

         自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

バナー↑あなたのワンクリックお願いします

コメント
コメントはこちらから