太陽光発電について

太陽光発電の余剰電力買取制度が昨年11月から始まり あまった

電気をこれまでの価格の2倍で買い取る制度が始まっています

太陽光発電を取り付ける人たちには本当にありがたいお話ですが

その予算は誰が負担しているか ですが 電力会社が負担している

わけではなく付けていない人が負担をします

要するにその分太陽光サーチャージとして一般の方の電気料金の

値上げをする訳です

実際には平成23年4月以降に一ヶ月10円~100円程度の

負担をする事になるそうなので わずかな額だと感じますが

太陽光発電がどんどん増えていくとその額も上がっていきます

つけていない人が負担するとはおかしな理論だと思いますが

鳩山首相が地球温暖化防止のために CO2の25%削減を主張

して それを実施していく上での関連している制度なので

しかたがない事です

今後どんどん太陽光発電が普及していくと 太陽光サーチャージは

高額になりすぎるので 2倍で買い取る制度はいずれ終了する

事が予想されます

今年契約された方には10年間の2倍買取が約束されています

ということは 来年か さ来年に太陽光発電をつけようと考えている

人は 今年中に付けることができれば 得をすると思います

         自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

バナー↑あなたのワンクリックお願いします

コメント
コメントはこちらから