オリンピックでにわか解説者

スピードスケート男子500メートルで長島圭一郎と加藤条治が

銀メダルと銅メダルを獲得しましたが この二人が対照的で

大変興味深かったです

長島

長島は喜びすぎて転倒しながらガッツポーズ

加藤

対する加藤は金メダルのつもりだったのに銅になってしまって

悔しい・・・と全く反対のリアクションでした

せっかく銅メダルを取ったのに加藤の態度はいかがなものか と

不満を訴えている人がいました

オリンピック選手は目標を決めて何年もモチベーションを保ち

続けなくてはなりません

結果が出た時の気持ちは各選手それぞれでいいと思います

また国母選手の服装がだらしないことも 批判されていましたが

もし出場停止とかのペナルティになっていたとしたら 大変な問題に

なっていたでしょう

ルールに違反していたわけではないのですから

記者会見で鼻ピアスは外していましたが なぜ鼻ピアスや腰パンは

だめで 耳ピアスは良いのでしょうか

ドレッドヘアは良くて 金髪はだめなのでしょうか じゃあ茶髪は

と考え出すと どうして批判されたのかわからなくなります

要するに彼のファッションをトータルで見て 誰かが だらしなさ

そうに感じたからだめだったのでしょう

もしあのようにアレンジしたファッションが素晴らしくみえる と

いう人が多くいたらよかったのでしょうか

オリンピックはそんな風に皆さんが にわか解説者になれるから

楽しいのでしょうね

         自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

バナー↑あなたのワンクリックお願いします

http://www.heiseikensetsu.com/

コメント
コメントはこちらから