展示場の解体-2

昨日のブログに載せた CBCハウジングセンターの解体の画像

暗くて見にくいとクレームをいただきました

ハウジング-1

理由は 雨の日に携帯のカメラで撮ったからですが 早速

撮り直しに行ってきました

ハウジング-2

2日後なのに解体工事は結構すすんでいて一番左の一軒以外は

八割方解体されていました

晴れた日に眺めると改めて本当にもったいないことが実感され

ました

だってここに展示場を出していたハウスメーカーは長期優良住宅

です 二酸化炭素を削減する為にこの家は省エネ エコに貢献して

います とか様々なアピールをしていたのに 4~5年で解体です

からね

ハウジング-3

私の父親は大工でしたが 解体工事があると柱や梁の骨組みの

材料で腐っていないものを注意して解体し ほぞ穴を埋めて加工

しなおして お客様に断ってお客様のアパートを造る時の材料に

使っていました

これは古材だからタダでいいよ なんて言っていましたが その

光景を見ながら これで商売になるのかなあ なんて感じた事を

思い出しました

その当時造ったものは もう30年~40年経ちますが まだ

問題なく建っています

でも最近 古材を使うなんて事はお客様に対しては 通用しない

ですよね

         自然素材の注文住宅 平成建設(株)  雄治

バナー↑あなたのワンクリックお願いします

コメント
コメントはこちらから