バンコクの人の商売

バンコクでの物価は日本の5分の1~10分の1ぐらいです

タイ式マッサージに行った時二時間のコースで日本円で750円

ぐらいに相手へのチップ300円ほどで計1050円でした

その時一緒に行ったタイ人はその3分の1ほどの価格でしたが

同じ店に旅行者のツアーで行くと4500円にチップがプラス

されて5000円ほどになるそうです

恐るべし三重価格です!

また 観光名所の周辺の道路では個人が露天を開いていますが

売っているものは様々なものがあり 30年前の 音が出るか

どうかわからないようなCDとか スーパーから盗んできた

としか思えない ネームが入ったかごとか どう見ても盗品と

しか思えない商品が多かったです

歩道を歩いていると大変暑いので帽子売りがやってきて 私達の

友人に無理やり売りつけようとして トラブルがありました

ディスカウントに応じない売り子のおばさんが 手渡したお金を

返さないようで かなりの剣幕でやり合っていました

どう見ても強引なおばさんがおかしいのですが 全く引く様子が

なく 大きな声で怒鳴っていました

そのような気持ちで商売しないと生きていけない ということ

なのでしょう

交渉は決裂して終わりましたが 気まずくなった友人は後で

彼女が可哀想になったからあの帽子を買ってくると言って

探しましたが もうどこにもいませんでした

その帽子の価格は60円~150円の範囲での交渉でした

発展途上の国の商売を垣間見た気がしました

商売について色々考えさせられました

                  平成建設(株) 雄治

バナー↑あなたのワンクリックお願いします

コメント
コメントはこちらから