偉大なアーチスト

マイケル-2

マイケル・ジャクソンの追悼映画『This Is It』を観ました

知り合いのブログのこっちあっちで 感動が伝わってきたので

自分も乗り遅れないようにと思ったわけです

まいこーは私の青春時代にドンピシャでスキー場のディスコで

いつもかかっていて脳裏に焼きついて離れないアーチストです

マイケル-1

映画は幻に終わったコンサートのリハーサルを収めたフィルムを

編集したものなので衣装が普段着でしたが そんな事はどうでも

良い位の迫力でした

マイケルの死が報道された頃 薬付けになっていて体がぼろぼろ

で もう踊れないようだとか声も出ないとか 色々言われて

いましたが 全くそんなことなく しっかり生の演奏で自分の

声で歌っていました

You Tubeのライブバージョンでキーを下げていたBeat Itは この

映画ではきちんとオリジナルキーで歌っていたし ダンスも

衰えを全く感じさせない切れ味でした

それにも増してリハでマイケルがスタッフに音や演出について

自分の中のイメージによって細かな指示を出して それに対して

スタッフが一生懸命答えていたことに感動すら覚えました

それはスタッフがマイケルと一緒に仕事ができることに大変な

生きがいを感じているからかもしれません

この映画を見ていると本番が無性に見たくなってしまったので

マイケルの死はあらゆるところに大きな影響を与えた出来事

だったのでしょう

余談ですがリハで音楽だけでなくこれだけの演出をすると費用が

いくらかかっているのか と心配してしまいました

このように素晴らしい映画でしたが 昨日は祭日にもかかわらず

なぜかがらがらで余裕を持って見ることができました

平成建設(株) 雄治

コメント
コメントはこちらから