高原の住宅

三重県の榊原温泉の近くに創った住宅の5年点検に 平成建設の

工事部長である横井クンと訪れました

何しろ青山高原のふもとなので かなり距離があり 通常二時間

近くかかりますが 横井クンのドライビングテクニックでかなり

短時間?のドライブになりました

ご主人を亡くされ一人暮らしの奥様は 大変元気で生活を

楽しまれていました

こちらは別荘地として売り出されたもので お風呂に天然温泉の

お湯を引く事ができると言うすばらしい地域です

青山高原

屋根に登って周りを見渡すと 隣のログハウスが目に入りプチ旅行

気分に浸ることができます

屋根が見えないので心配 というお話でしたが 新築した時と

ほとんど変わらず全く問題ありませんでした

こういう地域にありがちな 葉っぱで樋が詰まることもほとんど

ありませんでした

この住宅はインテリアの仕上げには ほとんど全ての天井壁に

チャフウォールという 帆立貝の貝殻を磨り潰した粉を塗布して

ありました

そのような天然素材は伸び縮みがないので 一般的に細かい

ひび割れが発生するもので それは回避できない事だと言われて

いますが なぜかこの住宅はほとんどそれがありませんでした

それはかなり意外なことだったのですが 原因としては 柱や梁の

躯体が乾燥材で縮みやねじれが無かった事 躯体の接合部の

ボルトナットが緩むと自然締め付けてくれる特殊なものを

使っていた事

その他 地盤や基礎がかなり堅固で 地震等の振動が少なかった事

などが考えられますが いずれにしても私たちとしては 大変嬉しい

現象です

水廻りの壁に水のしみが合った他は ほとんど施工時と変わらず

綺麗なままでした

お客様が丁寧に使われていることが大きいのですが いい気分に

なって帰途につくことができました

                       平成建設(株) 雄治

バナー↑あなたのワンクリックお願いします

コメント
コメントはこちらから