芸術家の精神
日本では死去するとその人の功績をたたえると言うことが特に

強いと感じる事がありますが 今回の加藤和彦氏の死去では

彼の素晴らしい功績がどんどん出てきていました

これほど素晴らしい人なら なぜ生前もっと称えなかったか

と疑問を抱いてしまいました

亡くなってからわかるということなのでしょうが 私は 人間は

亡くなるとそれで終わりで 美談を作るのは残された人の

満足だけなのだから 賞賛があるのなら生前に与えるべきだと

いつも考えています

日本の音楽界に大変な影響を与えた人で 私も好きな一人

でしたが これほどまでの人だとは予想以上でした

確かに私が物心付いてから初めてフォークソングに興味が

出てきて色々聞いているうちに 衝撃を受けたのが帰ってきた

ヨッパライだったですから

私が中学生時代夢中になっていたよしだたくろうが メジャー

になるきっかけの「結婚しようよ」のプロデュースしたりも

していたし 当時のフォークソングや歌謡曲のかなりの

曲を作曲していることにも驚かされます

あと特に幼少の頃から印象に残っているのは当時のナショナル

住宅のCMソング「家を造るなら~家を造るなら~ば~

草の燃えるにおいのするカーペット敷きたいと思うので

あります~」歌詞は色々変わっていますが当時はこの歌詞

だったと思います

この曲妙にずっと私の頭の中に残っていて 私の仕事を選ぶ

ことに多少影響を与えたような気がしてなりません

でもこのような右脳を使っている芸術系の人は 精神が迷い

込むと色々な面で支障をきたすことが多いのかもしれません

人間の心理というのは本当に複雑で難しいものですが 私は

どちらかというと理系の頭の構造なので 心理の難しさを

理解しにくく 大きな精神的悩みが少ないのかもしれません

平成建設(株) 雄治

コメント
     

加藤和彦さん亡くなりましたか・・・最近多いですね信じられないというか、まだまだ活躍していただきたい方が亡くなります。お話は変わりますが平成建設さんのCMの曲いいですね東京マンドリンアンサンブルさんの曲だということまではわかったのですが。

2014.03.06|21:02|佐野ノリカ|

コメントはこちらから